2012年11月24日

大切な日

数日前の事です。
一件のご予約が入りました。その夜はあまり忙しくなかつたので、お客様とじっくりお話しをしながらのサービスが出来たのです。
お話の流れから、北海道からいらっしゃてくださった様です。
ご注文のされ方から察するに、ミタニの料理を良くご存知の方です。

ワインの選ばれ方も素晴らしい(^-^)
きっと、連休を使われてバカンスにいらしたのでしょう♪

「お腹一杯だけどデザートを食べなきゃシェフのお料理は完結できない」と仰る奥様、、、「ガトーショコラは食べた事があるから今日はモンブランにします」(^-^)「以前にもおいで頂いているのですね、ありがとうございます」と私。

すると、堰を切ったようにご夫婦が夢中になってお話ししてくださいました。

「私達がまだ贅沢な食事をする事ができなかった頃、奮発して入ったお店でシェフに焼いて貰ったウズラがたまらなく美味しくって^_−☆...シェフがストーブのお鍋で...もうこうやって丁寧に丁寧に油をかけながら焼いてくれて...」と、身振り手振りでお話ししてくださる仕草から、本当に喜んで頂いてくださったのが伝わってきました。

私は、このお話しがきけた、これだけで充分幸せだったのです

ところが、これだけででは終わらなかったのです。
「明日は、どこか観光なさるのでさか?」という私の質問に想いもかけない返事がきたのです
「明日朝帰ります。東京には、シェフのお料理食べに来ただけですから」
^_−☆...私は一瞬言葉を失いました「じやぁあのう、うちにお食事する為だけに、東京にいらしてくださったんですか?(O_O)

「そうそう」笑いながらお答えくださるお2人....感謝の気持ちで一杯になり涙がでてしまいました。

レストランを営む私達にとっては、当たり前の毎日。
でも、ご来店くださるお客様にとっては、楽しみにして来てくださる大切な日なんですよね。

こんなお客様方に支えられてレスプリミタニやっています。

ご来店くださるお客様皆様に感謝して少しでも楽しいお時間を過ごして頂けるようスタッフ一同頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

そして三谷は今日も美味しいお肉焼き続けます
posted by L'esprit MITANI マダム at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60267631
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック