2014年01月23日

寒中お見舞い申しあげます

寒い寒い毎日が続いていますが、お風邪など召されていませんか?

レスプリミタニは、今年も皆様に美味しいお料理をお届けできる様、頑張りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は、私事で色々ありましてお客様に大きく支えて頂きました事、心より感謝申しあげます。
このブログも更新できませんでしたが、今年はもうちょっとマメに更新したいと思っています。
私がサボっていたら「マダムまだ⁈」と叱って下さいませ(^_−)−☆

今年もどうぞよろしくお願いします

Junko
posted by L'esprit MITANI マダム at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月18日

ミタニ.さんって人~(・・?))

シンちゃんと陶山君のargentineのアパルトマンに集っているコックさん達が、何やらザワザワしています。
「ミタニさんがLOULOU連れてパリに上がって来るからFete(お祭り=ここでは飲み会はFeteと言っていました)の準備♪( ´θ`)ノ皆とても楽しみにしている様子♪( ´θ`)ノ
「ジュンチャンもおいで」しんちゃんが誘ってくれました。

どうやらその・ミタニ・と言う人はこの若きコックさん達の中で兄貴の様な存在らしい…

マヌカン伊藤(彼は背が高くてカッコ良いので、後にルルがそう呼んでいたので私も真似した)
が言うには「ミタニさんはカッコ良い男なんですよ背が高くフランス語がペラペラでサーファーで、バスクで仕事しながらサーフィンしてたんですよ…会うのを楽しみにしていてくださいね」
......『でもハッキリ言って私は日本人には興味無しそれにフランス語がペラペラって○○君より?』
丁度、地方から上がって来たばかりの、やはり背が高く精悍な顔付でフランス語も上手な○○君と比べて(ゴメンナサイ)しまったのです…>_<…

するとマヌカン伊藤が「ジュンコさん当たり前ですよっミタニさんがカッコ良いのは三つ星レストランにこだわっていないところなんですよ~
地方料理に興味を持って地方廻って、エルミタージュの方でシェフまで経験しているんですからもうペラペラなんですよ」
…『ふぅ〜ん』…
…興味無し…@(・●・)@
posted by L'esprit MITANI マダム at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月05日

慎ちゃんと陶山君のアパルトマン

その頃私は…渡仏2ヶ月目、デザイナー志望の伊藤君に「淳子さん、僕は間も無く帰国します。何か困った事が起きた時に助けてくれる日本人を紹介しておきますね」と慎ちゃん(福岡.小田部代表取締-藤原慎吾さん)と陶山君(福岡.パティスリージャンドゥ、オーナーシェフ)のアパルトマンに連れて行かれました

Paris16区ARGENTINE
この部屋には常に誰かしら日本人が居候していてその殆どがフランス料理のコックさん達ばかり…

ここは、フランスに家が無い日本人コック達が地方の仕事を終えて次のレストランに行くまでの短い間バカンスを過ごすオアシスの様な部屋でした。

私が初めてお邪魔した時は、I君が居ました。どうやら彼は有名なレストランに行ったものの何らかの事情でほんの数日でParisに帰って来てしまったらしい…

これは大事件です((((;゚Д゚)))))))
先輩達が苦労し努力して代々繋ぎ留めてきた大切な修行先を次の後輩にバトンを渡す事無く大切な修行先を一つ失ってしまうのですから…

しかし、彼等の絆は凄い(O_O)
叱咤激励それは当然
お金が無い彼ををつまはじきなどせず、部屋に泊めて、食事をさせ、次の修行先まで探してあげる…

横で傍観していた私は、本当に感激したものでした*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
posted by L'esprit MITANI マダム at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月18日

ParisへはTGVで

さて!三人はジャンジャックの車に乗込み、男三人パリ迄の旅が始まりました。

先ず立寄ったのはボルドー
しかし、何とここでルルとジャンジャックが大喧嘩を始めたのです((((;゚Д゚)))))))
内容はスッカリ忘れてしまいましたが…

バスク人は明るく大らかな性格だけれど一度怒り出すと烈火のごとくやり合います

そして、とうとうカンカンに怒ったジャンジャックは自分の車でサッサと1人でゲタリーに帰ってしまったのですダッシュ

やれやれ…ルルと三谷は予定を変更してTGVでParisに向かうにしました新幹線

Parisでは日本人仲間(会った事の無い人も含めて)が集まって三谷の事を待っています。

ネットなど無い時代ですから情報は人から人へ口で伝えられていたのです
渡仏して来たばかりのコックさん達は地方のレストランで長く仕事をしてシェフまで経験している三谷の話を聞くのを楽しみに待っています。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

さて、その頃私は…
posted by L'esprit MITANI マダム at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月15日

ミモザの香り

この仕事をしていると、流れと言うか周期とか...長くお付き合い頂いているお客様は「〜様、そろそろいらっしゃる頃じゃないかなぁ」などとカンが働き結構当たったりします。

恵比寿時代からのお客様A様からのご予約の電話が入った時は

「んッ!少し時期が早いなぁ私の勘も鈍ったもんだワ、しかもランチとは珍しい…」(-。-;
と思ったものでした

物凄い風あの煙霧の日!A様ご夫妻は茅ヶ崎から約束どうりのお時間にご来店されました。
しかもご主人様の腕には香りいっぱいのミモザの大きな花束
*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
この時全て理解できたのです!

「お庭に咲いたのを今朝主人が伐って来たの…」
と、さりげなく仰るA様ご夫妻。

先日ブログに"へこたれている"と書いた私の事情を知って、駆けつけて来てくださったのでした!伺えばご主人様はお食事後の御用事を済ませたら直ぐにお仕事場の九州に戻らななければならないというタイトなスケジュールの中、私を励ましに…
感謝の気持ちでいっぱい(=^ェ^=)ミモザの色、香りで私の心は満たされました。

私の仕事は美味しい物を召し上がって頂いて、お客様が幸せな気持ちになって(((o(*゚▽゚*)o)))頂く事!
この日は、見事に私が元気頂いてしまいました。

この感謝の気持ち忘れません!

ありがとうございました。
posted by L'esprit MITANI マダム at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月25日

元気になる!

昨日のランチタイムのお話です。
ご予約無しでご来店頂いたご夫婦,何か元気が無い、、、食欲もなさそう(-。-;
召し上がる物もなかなか決まらない、、、
「間違えてうちのお店に入ってしまったのかな?」
お選びになられたのは3皿+デザートのガッツリコース!大丈夫?わ
勿論、ワインなど飲む気に成れないご様子でお二人のお食事が始まりました!
なんと無く私も気にしながらのサービス(-。-;
お二人に変化が見られたのは一皿目が終わり二皿目のスープドポアソンを召し上がり始めたあたり、、、ワインを召し上がっている周りのお客様を見渡しなが「ワイン飲んでみようか、、、」
赤ワインをカラフでご注文!
何か少しお二人の会話が弾んできたような^ ^

メインの骨つきもち豚グリルとひな鳥のコンフィを綺麗に召し上がると私に「美味しかったお腹いっぱい」と仰られ
「デザート迄別腹で頑張ってくださいネ」と言う私に微笑んでくださるお二人(=^ェ^=)

「デザート迄、全て美味しかった!ありがとう!実は私、今凄くへこたれていて、、、こんな時は三谷さんの料理を食べるとパワーが出るから食べてこいと言われて来ました。本当に元気が出ました^ ^食事でこんなに元気になれると初めて知りました。元気になる為に人ってたべるんですね!本当にありがとうございました」と、、、確かに始めとは顔色まで元気に変わっています。伺えばカメラマンのKさんのお勧めだったとか、、、私達こそありがとうございました(((o(*゚▽゚*)o)))
私達にとってこれほどの褒め言葉はありません!
幸せな仕事です。

実は私も今へこたれています。
私はお客様のこの言葉に元気を頂きました(=^ェ^=)

ありがとうございました
頑張りましょう
posted by L'esprit MITANI マダム at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月24日

バカンスは終わり

「チョット三谷さん,何の為にフランスに来たんですか?」

そうそう、いくら楽しくてもこのままずっとルルの家に居る訳にはいられません。
そうです!フランス料理の修行に来たのですから…
先輩の宮野さん(現ベルクールのオーナーシェフ@仙台)が2ツ星レストランのPOULARD(Moront les bain)をあがるから、次に来ないか?とお誘いいただきました。
「そうだ!お名残り惜しいけれど次はプーラルドに行こう」決心するとその事をルルに告げました。

ルルは寂しくって仕方ありませんT_T
『直ぐにMorotに行くのか?』
「いや、日本人仲間から情報を集めに一度Parisにあがってから」

今と違ってPCも携帯電話も無い時代です。色々な情報は仲間からの口コミや本などから自分で集めるしか無かったのです…その分、今の人達より時間はかかりましたがより沢山勉強した事になりますね^_^

『じゃあ俺に送らせてくれ!車でParisまで連れて行く』
「イイよParisは遠いしルルそんなに運転出来ないだろう」
『絶対に最後まで俺が面倒みると決めたんだ!運転はジャンジャックにお願いするから一緒にParisに行こう』

ルルは少しでも長くSeigoと一緒に居たかったに違いありませんね(/ _ ; )

ルルはジャンジャックにアルバイト代を払って運転をお願いしたそうです。
そこまでしても大好きなSeigoの面倒をみたかったのです…三谷は本当に幸せ者です!

ところが...
posted by L'esprit MITANI マダム at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月17日

1月19日お料理教室

アップが遅くなってしまいまして申し訳ありません。

11時より開催いたします。

Omlette de champigninon et pomme de
terre
キノコとじゃがいものオムレツ

Qunelles de poisson
お魚のクネル

Cous cous a la Royal
クスクスロワイヤル

Galllette du Roi
王様のガレット

Cafe
コーヒー

お料理に合わせてワイン2種

お待ちしております

Junko
posted by L'esprit MITANI マダム at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月24日

大切な日

数日前の事です。
一件のご予約が入りました。その夜はあまり忙しくなかつたので、お客様とじっくりお話しをしながらのサービスが出来たのです。
お話の流れから、北海道からいらっしゃてくださった様です。
ご注文のされ方から察するに、ミタニの料理を良くご存知の方です。

ワインの選ばれ方も素晴らしい(^-^)
きっと、連休を使われてバカンスにいらしたのでしょう♪

「お腹一杯だけどデザートを食べなきゃシェフのお料理は完結できない」と仰る奥様、、、「ガトーショコラは食べた事があるから今日はモンブランにします」(^-^)「以前にもおいで頂いているのですね、ありがとうございます」と私。

すると、堰を切ったようにご夫婦が夢中になってお話ししてくださいました。

「私達がまだ贅沢な食事をする事ができなかった頃、奮発して入ったお店でシェフに焼いて貰ったウズラがたまらなく美味しくって^_−☆...シェフがストーブのお鍋で...もうこうやって丁寧に丁寧に油をかけながら焼いてくれて...」と、身振り手振りでお話ししてくださる仕草から、本当に喜んで頂いてくださったのが伝わってきました。

私は、このお話しがきけた、これだけで充分幸せだったのです

ところが、これだけででは終わらなかったのです。
「明日は、どこか観光なさるのでさか?」という私の質問に想いもかけない返事がきたのです
「明日朝帰ります。東京には、シェフのお料理食べに来ただけですから」
^_−☆...私は一瞬言葉を失いました「じやぁあのう、うちにお食事する為だけに、東京にいらしてくださったんですか?(O_O)

「そうそう」笑いながらお答えくださるお2人....感謝の気持ちで一杯になり涙がでてしまいました。

レストランを営む私達にとっては、当たり前の毎日。
でも、ご来店くださるお客様にとっては、楽しみにして来てくださる大切な日なんですよね。

こんなお客様方に支えられてレスプリミタニやっています。

ご来店くださるお客様皆様に感謝して少しでも楽しいお時間を過ごして頂けるようスタッフ一同頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

そして三谷は今日も美味しいお肉焼き続けます
posted by L'esprit MITANI マダム at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月11日

大きなノッポの古時計

IBARBOURでの契約修了の日が近づいてきた頃LOULOUがそわそわしていました(-。-;
もうすっかり親子の様にゲタリーの街を2人で闊歩していたのです!寂しい気持ちで一杯だったに違いありません。「Seigoここの仕事を終えたらどうするの?」
「まだ決めて無いんだよ!もう少しゲタリーの海でサーフィンしているつもり...」
「じゃ俺の家に泊まればい」
「そうさせて貰えたらありがたい」
話はすぐにまとまりました。それからLOULOUは、三谷の為に車であちらこちらの海岸の送り迎えや買い物…約1年間、本当の息子の様に面倒をみてくれたのでした。

もちろん!大喧嘩もしました…>_<…
三谷は、LOULOUの亡くなったお母様のお部屋を間借りしていましたが、その部屋には大きな手巻きの置き時計がありました。一日中チクタクチクタク、ボ〜ンボ〜ン30分毎に♪ボ〜ン♪
「うるさくて眠れない」三谷が振り子を停めてしまったのです(-。-;
翌朝それを知ったLOULOUは、烈火のごとく怒りました((((;゚Д゚)))))))
それもそのはず、この時計は、お母様が生きていた頃から亡くなった今迄、1度も停めずにいたのです。

まるで、あの唄と同じです。

この時ばかりは、さすがの三谷も申し訳ない事をしてしまったと思いましたが売り言葉に買い言葉、ギャーギャーやり合ったみたいです。バカダネ素直に謝ればよかったのに!

♪♪大きなノッポの古時計〜お爺さんの時計〜♪♪

私は、今でもこの曲を聴くと、心がキューンと締め付けられてしまいます。きっと、彼も私以上に…

LOULOUごめんね
posted by L'esprit MITANI マダム at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記